中古車選びは天気も関係する?押さえるべきポイントとは

中古車購入の前に知っておくべき意外な項目を伝授!

自動車販売市場の需要と供給

このコラムをシェアする

中古車選びに失敗しないためのポイント

中古車を探す際、気にするポイントとして、価格や年式、走行距離、修復歴など色々あると思いますが、全てに共通して言えることは、事前に情報収集をどれだけできるかです。
ネット上には、選び方のコツや実際の体験談などの情報も豊富なため、わかっているつもりでも「そんなこともあるのか…」なんてことも知っておくだけで失敗を防ぐことができるかもしれません。
選び方のコツには、年式などの定番の確認事項に加え、車の状態、販売店の対応力などが主な内容として挙げられることが多いようですが、実際の後悔した例で1番多いのは「価格」です。
購入時は、自分の予算内であり、納得して購入したつもりでも、後から同じ車種で同年式くらいのほとんど変わらないものが安く売っているのがわかると悔しいものです。
そのため、希望の車の中古車相場を必ず確認しておくことがポイントです。
極端に高い、安いなどがあった場合、その理由も質問できるでしょう。

お得に中古車を購入するためのマメ知識

中古車は、市場の需要と供給によって価格が変動します。
そのため、新車を扱うディーラーの決算期である3月は、新車、中古車共に需要と供給が高まるため、中古車市場では、比較的価格が上がる傾向にあります。
そうなると、その時期を過ぎた4月中旬から5月にかけては、需要が少なくなってくるため、価格も下がる傾向にあり、購入時期を調整できるのであれば、この時期が狙い目となります。
その他にも、モデルチェンジ後の前モデル車は大変お得です。
ディーラーは、新モデル車の販売強化に伴い、前モデル車も売り切りたいため、価格を下げて販売しますが、中古車は、新車の価格と連動する傾向にあるため、中古車市場でも前モデルの車は、価格が下がり、狙っていた車が安くなることもあります。
また、車の状態チェックに有効なのは、薄曇りの日に来店することです。
車体の傷やへこみなどを細かく確認できるため、後悔が少ないと言われています。