中古車選びは天気も関係する?押さえるべきポイントとは

中古車購入の前に知っておくべき意外な項目を伝授!

ベストコンディションは「曇り」?

日本国内における、全国の自動車保有台数は、約6,200万台となっています。
車の普及率からは、「1世帯に平均1台」とも言われていますが、もちろん普及率は各都道府県によって異なるため、高いところもあれば低いところもあります。
普及率が高いのは、福井県、富山県、山形県と続きます。
上位の県は、全て地方になりますが、そこには、関東や関西の首都圏近郊都道府県と比べ、公共交通機関が少ない点が挙げられます。
そのため、通勤や通学の際にも、自動車が用いられているとみられます。
また一方で、関東や関西の首都圏では、保有するための駐車場代が高いことが懸念材料に加わり、マイカー保有よりも必要な時に、レンタカーやカーシェアを利用するケースが多いようです。
このように、地域によって保有率に差はあるものの、全国平均を取ると、1世帯に1台となるため、車の需要は少しずつ増えていると言えます。
そして、その自動車の購入は、新車と中古車から選択することができます。
新車は、価格は高いものの、衣料品などと同様、同じものがたくさんあるため、購入を逃す心配はないので、新品の憧れていた車を手に入れた時の喜びは格別でしょう。
それに比べ、中古車は、同じものが2つとして存在せず、タイミングなども影響しますが、お気に入りの車を新車よりもだいぶ安い価格で購入できることが魅力です。
どちらもそれぞれにメリットデメリットがありますが、自分の希望や予算、用途に合わせて、どちらも検討してみるのがよいでしょう。
日本の車社会はまだまだ続いているため、新車も中古車もまだまだ需要と供給どちらも高まりそうです。

自動車販売市場の需要と供給

意外と知られていませんが、中古車選びの際に参考にして頂きたい項目が「天気」です。 ネットである程度の状態は確認できても、実際に車を見て決めると思いますが、実は天気が左右することがあります。 雨の日は水滴で、かと言って晴れの日は日光が反射して、傷があっても見えづらいので、曇りの日を狙えるとよいでしょう。

購入してよかった!後悔しない中古車選びのコツ

皆さんは、中古車を選ぶ時、何を重視していますか? 色などを含む外見を重視する人が多いと思いますが、購入前には来店し、しっかりと試乗運転してから判断しましょう。 試乗時は、エンジンのかかり具合、音、アクセル・ブレーキの踏み心地、ギアチェンジなどのハード部分に加え、視界や直線走行も確認すべきでしょう。

購入する前に必ず確認すべき項目

中古車販売しているお店は、全国に多数存在しますが、お店や車ごとに売り方が異なります。 購入時には、少なくとも年式、走行距離、車険や保証の有無の4点は確認しましょう。 年式、走行距離に関して「車の寿命は10年」と言われていたのは少し前までで、今は問題なく走行していますが、事故歴が無いかは確認しましょう。